温度管理はシステムで管理が重要

食品などの温度管理をするためには、病原微生物の発生を取り除くために加熱。冷却工程が重要になります。管理する上で不可欠なポイントを決めておく必要です。危害の原因となる重要管理点を定め、基準をもとに温度管理を実施し、原料の搬入から生産・出荷・運送・販売の結果、消費者の口に入るまでの検証ができるようにすることが重要になります。

食品や薬品の製造などには、厳しい温度管理と各ポイントであらかじめさだめられた基準にもとづいた記録をしておくことが大事になります。従来の紙を用いる記録ではなくシステムで温度管理をしていくことが必要です。冷却工程では、サーモグラフィが冷凍食品の熱画像に取り込んだ温度を記録していきます。それをPCで管理し、異常が起きた場合はアラームを表示し知らせてくれるシステムが必要です。

あらかじめ決められた管理基準が有効に機能しているかを確認し、修正などの見直しが必要かを検討します。用途に合わせて適切な温度計を選定することも大切になります。温度管理は、システムで一元管理ができるようにすることが重要です。低コストで実施できるようシステムをスマートフォンなどで管理できるようにすることも重要になります。

室内・室外の温度だけでなく冷蔵庫などの機器の管理も含めて対象物の温度を自動で計測して、そのデータを蓄積して監視システムや分析に使えるようにしておくことが重要です。構成する機器全般を管理するようにしておくことが重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *