食品の温度管理と現在

今の世の中様々な商品があるが、チルドの商品も多様化しています。チルド商品でもお肉や野菜、牛乳などを保管するのに適した温度帯があります。例えばお肉は0度近い温度のパーシャルといった温度で保管すると持ちがよいと言われています。逆に野菜ではその温度帯で保管すると痛みが発生したりする恐れがあります。

原材料にもよりますが、温度管理とは非常に大事なものです。製造から消費者まで届けるのには、製造終了後商品を物流センターを経由して、スーパーやコンビニなどに届けます。その届けるまでに劣化をできるだけ抑えるため物流の重要性は非常に大切です。物流センターの温度やトラックの庫内温度が適切な温度であるか、配送時間があまりにも早い時間でもいけないし、遅すぎるとドライバーの労働時間にも影響が出てきます。

温度管理といったところは一言に済まされますが、色んな人が関わって、そういう細部に亘った個所まで大切になってくるものです。消費者に商品を安全に届けるというところは全ての食品、商品メーカーに言えたものだと思いますが、温度管理はその基礎的なところだと思われます。そのため今買っている、食べている商品が本当においしく食べられていることを常に感謝し、商品のロスなどにも今後努めなければなりません。東日本大震災などの地震、令和の水害、コロナなどの疫病で世界的に問題的になっている今だからこそしっかり食のありがたみをしっていくべきであるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *