HACCP導入のメリット

HACCPは食品衛生管理の手法として注目されており、大規模調理施設から中小規模施設まで導入が推奨されています。今後は全ての食品関連業者で、導入が義務付けられる見込みとなっています。HACCPではこまめな記録や管理が必要になりますが、導入には様々なメリットがあるのも事実です。何よりもリアルタイムで食品温度を管理するので、素材や製品の劣化を早期に予防できます。

食品の温度管理は、衛生管理の基本となるので、こまめな記録や管理が必要不可欠となるわけです。原材料の仕入れから保管、そして出荷まで一元管理することで、問題が発生した場合の原因特定が容易になります。HACCPでは、製造ラインなどの工程ごとにチェックする項目が定められています。食中毒などの危害要因を排除するため、管理手法の手順が細かく決められているわけです。

そして定時的及び継続的に監視することで、小さな問題も速やかに発見することが可能となります。従来の管理手法は抜き打ち検査だったので、問題が悪化するまで原因が特定できませんでした。それに対してHACCPの管理手法では、原因の早期発見を可能になったわけです。何よりもリアルタイムな記録と管理が、安全性の確保と現場意識の向上に貢献していると言えます。

当管理手法を導入するには、食品工場などの管理体制を整備する必要があります。デジタル式温度計の導入など、インフラ整備も必要になるものです。現在はクラウド対応のシステムがあり、遠隔管理できるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *