通信機器に於ける温度管理の重要性

通信機器に於いて温度管理は非常に大切なことです。これを疎かにすると、通信機器の寿命を縮めることになる他、最悪の場合は機器の故障を引き起こします。通信の品質の一翼は温度管理です。通信機器の発熱量は非常に大きいです。

通信速度が速くなればなるほど発熱量も大きくなる傾向があります。近年、通信速度は速くなっていますので、発熱量も大きくなっていきます。スーパーコンピューター1台を駆動するのに小型の原発1基位は必要になるとも言われる程です。そして、通信機器に限らないのですが半導体を用いた機器は熱に対しては正帰還がかかります。

簡単に言えば、一度発熱したらそれが新たな発熱の原因となるということです。その為、大気中に熱を逃がす必要がありますが、一般的に通信機器は密室で使用されることが多いです。よって、常に通信機器の発熱を打ち消すだけの空調をかける必要がある。空調を怠った場合は、発熱が無制限に起きることになります。

実際には一定温度になると機器は自動的にシャットダウンされるように作られているので、機器が停止することになります。また、一般論として温度が10℃上がると寿命は半分になる為、温度管理を怠ると寿命が短くなる。また、温度が低くなりすぎてもいけません。通信機器内部の部品は密閉されている為、部品内部の水蒸気の逃げ道は無いです。

よって、温度が低すぎると部品内で故障が生じ、通信機器の故障の原因となる。温度は高すぎても低すぎても良くないです。その為、常に一定に保つ必要がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *