温度管理やそのシステムについて

温度管理は食品などを保管し販売するまでの間に組織によって行われます。食品の食中毒防止や安全のために、食品の温度環境はとても大事になります。製造過程において、食中毒の原因となる菌の増殖を抑制したり付着した最近を払拭したり目的に応じた温度管理を行う事が必要です。これは室内、室外の管理の他に冷蔵庫などの機器においても行われる様です。

そのために、温度センサーと湿度センサーが設置されます。温湿度センサーは一台で温度と湿度の両方を測定出来る機器です。センサーのタイプとしては、対象に接触するものと接触しないもの、また動物の毛などを用いた伸縮型と小型の感部を持つ搭載型があります。最近では、工場などでの農業分野でこのセンサーのloT導入なども行われている様です。

測定環境に合ったものや温度や湿度の変化にすぐに反応するもの、小型で簡単に設置出来るものが導入されています。このセンサーを用いた温度管理のシステムがあります。それは対象物の温度を自動で計測しそのデータを蓄積して監視や分析に利用するために構成された仕組みと、それを持つ機器全般を指します。近年では食品衛生法の改正によってHACCPの制度化が進められ、すべての食品を扱う事業者は記録が必要になりました。

温度管理システム導入によるメリットはいくつかあります。手作業が省かれたことによる労働負荷の軽減や手作業でなく自動の温度管理システムによる計測精度の向上です。またリアルタイムの監視、管理の実現があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *