HACCP(ハサップ)

HACCP(ハサップ)とは食品に関するシステムで、2020年6月に施行され2021年には完全義務化されるといわれています。HACCP(ハサップ)は食品製造・出荷の各工程で起こりうる問題を記録・分析して列挙し、科学的根拠に基づいた衛生管理で食品被害を未然に防ごうというものです。上記のようにHACCP(ハサップ)は厳密且つ非常に合理的な衛生管理方法なのですが、従来の衛生管理はとても合理的といえるものではありませんでした。今までの衛生管理は、最終的に出来上がった食品の中からさらに無作為に選びだされたもののみを品質検査するというものでした。

しかしこれでは品質検査を免れてしまった食品が市場や取引の場に出てきてしまいます。その結果、後になってクレームやトラブルになって企業に帰ってきます。しかしHACCP(ハサップ)を導入すると、各工程ごとに発生の可能性があるリスクを考慮・分析・記録しているので、食品の安全性や品質の向上を図ることが出来ます。また例え品質検査を通ってしまって不良品が出回ってしまったとしても、事細かく厳密に記録されているので事後処理、いわゆるフィードバックが正確かつ迅速に行われます。

HACCP(ハサップ)は顧客からの信頼度向上に役立つだけではありません。厳しい基準が設けられていることによって企業社員の衛生管理の意識も高まっていくという意味でも、このシステムを導入するということは非常にメリットが大きいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *