HACCPの導入が確認されるタイミングは?

義務化されたHACCPは誰が、いつ確認するのでしょうか。現在は猶予期間なのでできていなくても問題ないはずですが、確認に来られた場合、どのように答えれば良いのでしょうか。そんな悩みを抱えている方が多く見られます。改正された食品衛生法が根拠となっているので、厚生労働省が直接確認するのかと心配している方もいます。

HACCPの確認は、各都道府県等が実施することになっているとのことです。それは監視指導計画に従って実施されるため、食品衛生監視員が行っている定期的な立入検査や営業許可の更新などに合わせて行われることが予定されています。そのため新たな監視が行われると言うことは考えられていません。そのときには作られた衛生管理計画の内容を確認したり、実施状況を検査して、必要な場合には指導や助言が行われます。

すぐに罰則が適用されることはありません。食品衛生法自体には、HACCPの未実施による罰則は規定されていません。地方自治体に任せるとなっているので、監視指導によって業許可の更新に影響をきたすことも考えられます。食品衛生監視員は業界団体が策定した手引書を基にして確認を行うことになっているので、自分が作っている食品に関わる業界団体に確認し、手引書の内容を確認したおいた方が安心です。

業界オリジナルの取り組みがあると、抜けが生じるので適切な基準を確認してそのまま行うか、それを基に自社の対応を行わなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *