HACCP(ハサップ)

HACCP(ハサップ)とは食品の製造・出荷の各工程でどのような問題が発生しうるのかを列挙し、様々な可能性を考慮して監視・分析したうえで、問題の発生を事前に防ごうと科学的根拠に基づいて対策を練るというシステムです。このシステムは2020年6月に施行され、2021年時点では完全義務化されるであろうと言われています。このHACCP(ハサップ)は非常に合理的な衛生管理方法なのですが、というのも従来の衛生管理はとても充分なものとはいえないものだったのです。今までの衛生管理は、最終的に出来上がった食品の中からさらに無作為に選び取ったもののみ品質検査を行うというものでした。

これでは品質検査を免れてしまった食品が市場や取引の場に出てしまい、後になってクレームやトラブルになって企業に帰ってきてしまいます。しかしHACCP(ハサップ)を導入すれば上記でもあるように各工程の起こりうるリスクを記録してあり、一つ一つの検査も厳密に行うので、食品の安全性や品質は従来と比べて格段に向上します。また例え検査を通ってしまった不良品があったとしても、各工程で事細かく監視・記録・分析されているため事後処理、いわゆるフィードバックが非常に迅速に行われます。またこの徹底的な管理のおかげで企業の社員それぞれの衛生管理の意識が向上するという意味でも、このHACCP(ハサップ)を導入することは非常にメリットになると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *