HACCPに関する疑問点

食品衛生法の改正によって義務化されたHACCPは、現在1年間の猶予期間です。まだ導入できていないところも、2021年6月までに完了させれば問題ありません。でもまだまだ疑問が多くて、何をして良いのかわからないと思っている人も多いようです。最も気になる点はHACCPを導入するのに何か新しい設備を買わなければいけないのかと言う点です。

多くの飲食店が、苦しい状況で、そのような負担は避けたいのが現実です。これについては、必要ないと言えます。従来の衛生管理から変わるのは、計画を策定して、記録保存を行うことで、主に最適化や見える化を目的とするものです。新しく買うのは記録用のノートぐらいと言えます。

HACCPのために新たな資格取得が必要かと言うのも気になるところです。これも必要ないので心配はいりません。そのままの組織体制で行うことができますが、規模が大きな事業者では、チームとして対応することが求められています。なるべく多くの関係者で意見をまとめた方が、実現性が高いからで、専門性を求めるためではありません。

このように新たに必要な設備や資格などはなく、すぐにでも始められる取り組みになっています。重要なことは、何を求められているかを知ることです。その上で対応を確認すると、あまり多くのことが求められていないと気がつくでしょう。基本的に考え方を変えることが目的なので、ハードウエアの面での変更は必要ありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *