センサーを使う湿度計

湿度計は一般家庭だとセンサー内蔵のものが主流ですが、破損しても交換できなかったり、設置に制約が生じるのが悩みの種です。対してセンサーを外部に接続する湿度計は、破損や設置要件など様々な悩みを一挙に解決してくれます。本体から物理的にコードが伸びる形なので、ドアに挟まれたり何度も踏みつけられると、断線したり破損に至る恐れがあります。その為、ダメージを与えないように工夫して設置することが求められますが、万が一破損しても交換できる場合が多いので安心です。

一体型の一般的な湿度計は、ある程度サイズがあることから狭い場所には不向きですが、小型のセンサーを使えるタイプならどこでも設置可能です。湿度計の精度は製品によって異なりますが、基本的には高価な製品ほど高精度に期待できますし、校正が受けられる製品だと信頼性が違います。また、センサーそのものが精密に作られていたり、狂いが生じないように使い方が決められていることが珍しくないです。湿度計に限られませんが、センサーを使用する機器は落としたり衝撃を与えないこと、温度差や湿度差が大きい場所で使用しないなどの注意点があります。

想定されていない環境に設置すると、機能が損傷を受けて本来の性能を発揮できなくなったり、信頼性が大幅に低下することもあるので要注意です。特殊なガスや薬品を使用したり充満するような環境も同様に、設計の想定外のケースがありますから、問題なく使えるか確認した上で製品を選定したり設置することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *