湿度計センサーの働きと用途とは

私たちの身の回りの環境を知るために、湿度を測定する方法があります。昔は人の毛髪が使用されたアナログ式の装置が考案され、空気中の水分を吸収すると毛髪の長さが変化するという性質を応用して測定値をアナログ表示する仕組みです。現在はデジタルデータの形で湿度を記録したり処理を行う必要があるので、人毛を用いたアナログ装置ではなくて測定値を電気信号に変換するための湿度計センサーが用いられています。湿度計センサーの役割とは、空気中に含まれる水分を測定して電気的な信号に変換して出力することです。

素子に組み込まれている感湿膜が空気中の水分を吸収したり放出することで電気的な性質が変化するので、湿度の情報を得ることができる仕組みです。出力された電気信号を解析してデジタル信号に変換して出力をするための電子回路も必要で、最終的に数値データの形で表示をしたり記録されます。デジタル信号であれば、測定値を簡単に記録をしたりコンピュータで処理をすることができるというメリットがあります。湿度計センサーはデジタル式の湿度計に組み込まれていて、身近なものであれば部屋の環境を測定する機能を備えた目覚まし時計などに使われています。

産業用では精度の高い装置が用いられていて、製造現場やその他の分野で環境をコントロールする目的で使用されます。ちなみに湿度計センサーは電子部品の状態でも販売されていて、電子工作キットや自作の装置などに使用することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *